情熱価格

ドンペン画像

商品紹介

情熱価格レシピ

白だしとお好みの野菜で!簡単和風ピクルス

おうちでピクルスを漬けられる!料理の添え物に、おつまみに、もちろんそのままでも。
情熱の白だしとお酢を使った他にない和ピクルスの紹介です♪
完成品
白だしとお好みの野菜で!簡単和風ピクルス
深津シェフ画像 深津シェフ画像
レシピを紹介してくれるのは
料理家の深津シェフです!

材料

赤パプリカ1個
ミョウガ3個
きゅうり1本
かぶ2個
プチトマト5~10個
セロリ1本
※野菜はお好みの種類・量でどうぞ♪
だし汁の材料
情熱価格 白だし50cc
情熱価格 穀物酢200cc
100cc
砂糖大さじ2
情熱価格 鳴門の塩大さじ1
粒黒こしょう20粒
ローリエ2枚
唐辛子2本

作り方

1だし汁の材料の調味料、香辛料を全て鍋に入れ火にかけ沸騰させる
お鍋に粒黒コショウ・月桂樹・唐辛子を入れます。
1
鍋に粒黒こしょう・ローリエ・唐辛子を入れます。
白だし50㏄
2
白だし50㏄
お酢200㏄
3
酢200㏄
水100㏄
4
水100㏄
砂糖大さじ2
5
砂糖大さじ2
塩大さじ1
6
塩大さじ1
軽く混ぜ合わせたら火にかけます。沸騰したら火からおろし余熱を取ります。
7
軽く混ぜ合わせたら火にかけます。沸騰したら火からおろし余熱を取ります。
2野菜を食べやすいサイズに切る
パプリカは種を取り縦八等分にします。
1
パプリカは種を取り縦八等分にします。
きゅうりは皮を少し包丁でそぎ、細切りにします。
2
きゅうりは皮を少し包丁でそぎ、細切りにします。
調理画像2-3
3
かぶ、セロリミョウガも一口大に切ります。
4
かぶ、セロリミョウガも一口大に切ります。
調理画像2-5
5
3ビンに野菜を詰め、冷ましただし汁を注ぐ
切った野菜をビンにつめていきます。
1
切った野菜をビンにつめていきます。
きゅうりは皮を少し包丁でそぎ、細切りにします。
2
調理画像3-3
3
だし汁の材料をビンに注ぎいれます。
4
だし汁をビンに注ぎいれます。
スパイスも一緒にビンに入れます。
5
スパイスも一緒にビンに入れます。
4ビンの蓋を閉め冷蔵庫に入れる。
ビンの蓋を閉め冷蔵庫に入れる。
できあがり
白だしとお好みの野菜で!簡単和風ピクルス完成画像

3時間ほどで浅漬けに。
1日漬けておけばちょうどいいピクルスに。
3~4日で熟成ピクルスです。
日々味が変わっていくのを楽しんで下さい♪

そのままでももちろん、サンドイッチにはさんだり、チーズや生ハムと一緒におつまみとして
食べるのもおススメ。
ワインにもよく合いますよ。

日本人の口に合う白だしを使うことで和食の付け合わせにもぴったり。ご年配の方にもおススメです。
ちょっと野菜を摂りたい時に保存してあるととっても便利!

クミン・ディル・チョウジ(クローブ)などお好みでスパイスを変えて自分好みの味を
見つけてみて下さいね。

レシピに使用している情熱商品

白だし
かつお節と昆布のうま味をたっぷりと加えた合わせだしに極淡色の醤油とみりんを加えた大変色の淡い白だしです。上品な香りと風味が素材の持ち味を引き立てます。
穀物酢
ツンとこないまろやかなお酢です。すっきりした酸味で、和洋中問わず様々なメニューに使えます。
鳴門の塩
鳴門鯛や鳴門わかめがいきいき育つ鳴門の海水から作られた国産塩です。程よくにがり分を残し、素材の持ち味を引き出し、漬物や煮物などあらゆるお料理にお使い頂けます。

シェフのご紹介

深津泰弘シェフ
深津泰弘シェフ
料理家。
1979年渡仏し、ミシュラン3ツ星レストラン7店舗を含む27店舗に及ぶ有名レストランで料理の研鑽を積む。
1990年に帰国後、東京・白山に「ラ・ベルドゥジュール」をオープン。「料理の鉄人」に出演し、見事鉄人に勝利した経験を持つ。