majicaの利用規約

majica規約

第1条(目的)
本規約は、株式会社ドン・キホーテ(以下、「当社」といいます。)が発行する「majica」の付帯サービスとして提供される、当社が発行する電子マネーである「majicaマネー」について規定するものであり、利用者がmajicaを利用するにあたり本規約が適用されます。なお、majicaに付随又は関連して当社又はドン・キホーテグループ各社が提供するその他のサービスについては、本規約と併せて当社又はドン・キホーテグループ各社が別に定める規約が適用されます。
第2条(定義)
本規約における次の用語は、以下の通り定義するものとします。
  • (1) majicaマネーとは、当社が発行するmajicaを介して、所定のサーバーに記録される電子マネーをいいます。
  • (2) majicaサービスとは、利用者が日本国内のドン・キホーテグループ各店(以下、「ドン・キホーテグループ各店」といいます。)に対し、物品・サービス・権利・ソフトウェア等の商品(以下、「商品等」といいます。)の対価の全部又は一部の支払いとして、当社所定の方法によりmajicaにチャージされたmajicaマネーを利用することで、ドン・キホーテグループ各店から商品等の購入又は提供を受けることができるサービスをいいます。
  • (3) majicaとは、利用者がmajicaマネーを管理及び利用するためのカードで、当社が提供する次のサービスと連携することにより、各種サービスの機能を付帯することができるカードをいいます。
       ・Club Donpenモバイル ・その他サービス(以下、「各種サービス」といいます。)
       ※Club Donpenモバイルは、ドン・キホーテグループが運営しています。Club Donpenモバイルに登録すると、ドン・キホーテグループ各店でご利用いただけるクーポンを発券する事が出来ます。また、お得なクーポン情報をメールマガジンで配信しています。
  • (4) Club Donpenモバイル会員連携利用者(以下、「CDM会員連携利用者」といいます。)とは、当社所定の「Club Donpenモバイル(以下、「CDM」といいます)」規約を承認のうえ、保有するmajicaとCDM機能の連携を申込まれた方で、当社が当該majicaと利用者のCDM会員情報を連携した方をいいます。なお、1枚のmajicaに対し、CDM機能の連携の申し込みができるのは、1CDM会員つき1回とします。後日、連携するCDM会員の情報を別のCDM会員の情報に変更することは出来ません。
  • (5) その他サービス連携利用者とは、当社及びドン・キホーテグループ各社所定の各サービスの規約を承認のうえ、保有するmajicaに各サービス機能の付帯を申込まれた方で、当社が当該majicaに利用者の各サービス機能を付帯した方をいいます。なお、1枚のmajicaに対し、各サービス機能の付帯の申し込みができるのは、各サービスにおいて1回とします。後日各サービスの別の会員情報等との連携に変更することは出来ません。
  • (6) お客様情報登録済み利用者とは、CDM会員連携利用者やその他サービス連携利用者などmajicaと各種サービスの機能を連携することにより、各種サービスで登録しているお客様の情報がmajicaの番号で特定できる方をいいます。
  • (7) チャージとは、当社所定の方法により、利用者がmajicaにmajicaマネーを加算することをいいます。
  • (8) majica残高とは、利用者が利用可能なmajicaマネーの量をいいます。
  • (9) 利用者とは、majicaの保有者であって、本規約に基づきmajicaマネーを利用する方をいいます。
  • (10) マイページとは、CDM会員連携利用者が利用できる、CDMマイページのことをいいます。
第3条(不正使用等の禁止)
利用者は、majicaの偽造・変造・改ざんその他の不正な方法による使用をすることはできないものとします。
第4条(チャージ)
利用者は、ドン・キホーテグループ各店のレジ及びその他当社所定の場所・方法にて、1,000円単位でチャージすることができるものとします。
2 利用者が現金でチャージする場合の1回のチャージ可能額は49,000円までとします。
3 利用者は、当社所定のデビットカードを利用してチャージすることができます。この場合には、1回につき3万円以上のチャージが可能です。但し、本項に定めるデビットカードによるチャージの場合、3万円未満のチャージはできません。
4 利用者は、当社所定のクレジットカードを利用してチャージすることができます。この場合の1回のチャージ可能額は、利用者の利用するクレジットカードにより異なります。
5 利用者は、1枚のmajicaに対して、majicaマネー残高が100万円超となるチャージはできないものとします。
第5条(majicaサービスの利用)
利用者は、ドン・キホーテグループ各店でmajicaを利用して商品等の購入又は提供を受けることができるものとします。但し、商品券その他の金券類・はがき・切手・印紙類・その他ドン・キホーテグループ各店が別途定める一部商品について、ドン・キホーテグループ各店によりmajicaの利用を制限する場合があります。
2 利用者がドン・キホーテグループ各店でmajicaを利用して商品等の購入又は提供を受ける場合、majicaマネー残高から商品購入額又は提供額の合計額を差し引くことにより、金銭にて商品購入合計額をお支払いただいた場合と同様の効果が生じるものとします。
3 利用者は、ドン・キホーテグループ各店において、商品等の購入又は提供を受ける場合、当社又はドン・キホーテグループ各店の定める方法により、現金その他の支払方法とmajicaを併用することができるものとします。majicaマネー残高が商品等の対価の総額に不足する場合には、利用者はその不足額を当社又はドン・キホーテグループ各店が定める方法により、支払うものとします。
4 利用者がドン・キホーテグループ各店において商品等の購入又は提供を受ける場合に利用できるmajicaの枚数は、1回の支払(1決済)につき1枚に限ります。1回の支払(1決済)に複数のmajicaマネーを合算して利用することはできません。
5 利用者は、majicaサービスを利用した場合には、交付するレシート等に印字して表示されるmajicaマネー残高を照会し、誤りがないことを確認するものとします。万が一誤りがある場合には、その場でドン・キホーテグループ各店に申し出るものとします。利用者がその場で申し出ない場合には、利用者は、当該majicaマネー残高について誤りがないことを了承したものとします。
第6条(majicaマネー残高)
majicaマネー残高は、majicaサービス利用時のレシート、majicaマネー残高照会専用サイトにて確認することができるものとします。
2 CDM会員連携利用者は、CDMでもmajicaマネー残高を照会することができます。但し、majicaの利用履歴は照会できません。
3 majicaのmajicaマネー残高の有効期限は、最後にチャージした日、又は最後にmajicaマネーを使用した日から2年間です。この期間にご利用がない場合、残高の有無に関わらずmajicaマネー機能は無効となり、その場合残高の払戻はいたしません。最後にmajicaマネーをチャージした日及び利用した日は、majicaマネー残高照会専用サイトで照会できるものとします。
4 有効期限が過ぎたmajicaのmajicaマネー残高の照会はできません。
第7条(majicaマネーの合算)
利用者は、当社が認めた場合を除き、majicaのmajicaマネー残高を他のmajicaに移行することはできないものとします。
第8条(majicaサービスの利用ができない場合)
利用者は、次のいずれかの場合においては、その期間において、チャージすること、majicaを利用して商品等を購入すること、サービスの提供を受けること、及びmajicaマネー残高の照会をすることができない事をあらかじめ承諾するものとします。
  • (1) 当社がmajicaサービスを提供するシステムに故障が生じた場合
  • (2) システム保守管理等のためにシステムの全部又は一部を休止する場合
  • (3) majicaの破損、又はドン・キホーテグループ各店の機器の故障停電、天災地変その他の事由による使用不能の場合
  • (4) その他やむを得ない事由のある場合
第9条(換金等不可)
第19条の場合を除き、majicaマネー残高の換金又は現金の払戻しはできないものとします。
2 複数のmajicaのmajicaマネーの統合はできません。
第10条(majicaの破損・汚損・磁気不良時の再発行等)
当社は、majicaの破損・汚損等の理由により、利用者がmajicaの再発行を希望し、当社がこれを認めた場合に限り、当該破損・汚損等したmajicaと引き換えに新しいmajicaを再発行します。
2 再発行した新しいmajicaの券面が、当該破損・汚損等したmajicaの券面と異なる場合があることを利用者は承諾するものとします。
3 前2項によりmajicaが再発行された場合、当社所定の方法で確認されたmajicaマネー残高が再発行されたmajicaに引き継がれるものとします。利用者は、majicaマネー残高が再発行されたmajicaに引き継がれたとき、交付するレシート等に印字して表示されるmajicaマネー残高を照会し、誤りがないことを確認するものとします。万が一誤りがある場合には、その場でドン・キホーテグループ各店に申し出るものとします。利用者がその場で申し出ない場合には、利用者は、当該majicaマネー残高について誤りがないことを了承したものとします。
第11条(majicaの紛失・盗難等による喪失時の対応)
お客様情報登録済み利用者は、majicaの紛失・盗難等によりmajicaを喪失した場合、当社所定の方法により当該majicaの喪失を届け出て、届け出た本人が当該majicaの利用者であることが確認できた場合、当該majicaについて利用停止の措置(以下、「使用停止措置」といいます。)ができるものとします。お客様情報登録済み利用者以外の利用者は、紛失・盗難等によりmajicaを喪失した場合でも、利用停止措置をとることはできません。
2 お客様情報登録済み利用者がmajicaの紛失・盗難等を届け出てから利用停止措置が完了するまでに一定期間を要することを利用者は了承するものとします。なお、お客様情報登録済み利用者がmajicaの利用停止措置をとらない間、又は利用停止措置が完了する前に、majicaマネー残高を第三者により利用された場合、又は、その他なんらかの損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
3 お客様情報登録済み利用者が利用停止措置を完了した後、新たなmajicaを購入し、紛失・盗難等により喪失したmajicaのmajicaマネー残高を新たなmajicaへ引継ぐことを希望する場合、当社所定の方法による本人確認が完了した場合に限り、紛失・盗難等により喪失したmajicaの利用停止措置が完了した時点のmajicaマネー残高が新たなmajicaに引き継がれる(以下、「残高承継」といいます、)ものとします。なお、残高承継に伴い、新たなmajicaを購入いただく必要があります。利用者は残高承継後、交付するレシート等に印字して表示されるmajicaマネー残高を照会し、誤りがないことを確認するものとします。万一誤りがある場合には、その場でドン・キホーテグループ各店に申し出るものとします。利用者がその場で申し出ない場合には、利用者は、当該majicaマネー残高について誤りがないことを了承したものとします。
4 紛失・盗難等により喪失したmajicaは、残高承継が完了した時点で失効し、使用できなくなります。なお、残高承継までにmajicaマネー残高の有効期限が過ぎた場合は、majicaマネー残高は引き継がれません。
5 お客様情報登録済み利用者が紛失・盗難届出時にmajicaマネー残高がある旨の届け出を行わなかった場合、majicaマネー残高が紛失・盗難したmajicaに残ったまま有効期限が経過し、majicaマネー残高がゼロになったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
6 majicaの残高承継後、お客様情報登録済み利用者が喪失したmajicaを発見した場合、お客様情報登録済み利用者は発見したmajicaを遅滞なく当社に対して返還するものとします。
7 お客様情報登録済み利用者以外の利用者は、紛失・盗難等によりmajicaを喪失した場合でも、利用停止措置及び新たなmajicaへの残高承継はできません。また、お客様情報登録済み利用者以外の利用者が喪失したmajicaマネー残高を第三者が利用した場合、又は、その他なんらかの損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
第12条(調査)
当社は、majicaの安全性を高める目的及び当社が不適当と判断するmajicaの利用を防止する目的等のために調査・情報収集等を行うことがあります。
2 利用者は、当社が前項の目的のため利用者におけるmajicaの利用状況について調査・情報収集等を行い、当社が別途必要と認める第三者に当該情報を開示する場合があることに予め同意するものとします。
第13条(利用者への対応)
利用者は、当社が利用者におけるmajicaの利用状況を調査する場合があり、当該利用者のmajicaの利用状況が不適切であると判断した場合には、majicaの利用停止措置をとる場合、又はmajicaの利用を制限する場合があることを、予め同意するものとします。
第14条(利用者資格の喪失)
majicaマネー残高がゼロの場合、利用者の申出に基づき当社は所定の方法により当該majicaの利用停止措置をとることができるものとします。この場合、当社所定の停止措置が完了した時点で、利用者資格が喪失され、majicaサービスの利用ができなくなります。また、利用者は当該majicaを当社に返却するものとします。
2 利用者が次のいずれかに該当する場合、当社の判断により利用者資格を取消すことができるものとします。この場合、当社は、事前の通知催告を要せず、利用者によるmajicaの利用を直ちに中止させ、majica内残高をゼロとすることができます。
  • (1) majica又はmajicaマネーを偽造、変造又は改ざんした場合
  • (2) majica又はmajicaマネーを不正に使用・利用した場合
  • (3) 申込書等に記載した事項が事実と異なる場合(記載時においては事実と合致していたが、その後変更があった場合において、当社に対する変更の届け出が合理的な期間内になされない場合を含みます。)。
  • (4) 利用者のmajica利用状況に照らして、majicaサービスの利用者として不相当と当社が判断した場合
  • (5) その他、利用者が本規約に違反した場合
  • (6) 上記に準ずる行為があり、当社が利用者として不適格と判断した場合
3 利用者が死亡した場合には、利用者資格は喪失され、一切のmajicaサービスを利用できなくなります。この場合、majicaマネー残高はゼロとなり、また、現金の払戻しも行われません。
4 前項の場合、利用者は、以後、majicaを利用することができません。また、当社は、当社所定の方法により、majicaを回収する場合があります。この場合、majicaに記録されたmajicaマネーの払戻しは行いません。
5 前三項の場合、利用者であった者は、当社の指示に従い、majicaを返還するものとします。
第15条(ドン・キホーテグループ各店との関係)
利用者が、majicaサービスを利用して購入又は提供を受けた商品等について、返品・瑕疵・欠陥等の取引上の問題が発生した場合については、利用者とドン・キホーテグループ各店との間で解決するものとします。
2 前項の場合において、ドン・キホーテグループ各店が返品に応じた場合の対応方法については、当社の定める方法によります。
第16条(個人情報の収集・利用)
利用者(本条においては、majicaサービスの申込みをしようとする方を含みます。)は、氏名・生年月日・住所・電話番号等、利用者がmajicaの購入時又は購入後利用中に当社に届け出た情報(以下、「個人情報」といいます。)を、当社又はドン・キホーテグループ各社の商品やサービスのご案内等の情報を送付する(以下、「DM送付」といいます。)ために当社が利用すること、当社が別途定めるプライバシーポリシーに従い、当社が収集すること、及び個人の特定できないよう必要な保護措置を行ったうえで当社が利用することに同意するものとします。但し、DM送付について、個別に送付拒絶の手続きを行った利用者は、この限りではありません。
第17条(majicaサービス利用履歴等の取扱い)
利用者は、個人情報、及びmajicaサービスの利用履歴等の情報を収集・利用すること、及び氏名、生年月日、住所、電話番号等個人を特定し得る情報を除く他の情報については、個人の特定できないよう必要な保護措置を施した上で、他の事業者に対してこれらの情報を提供できることを予め同意するものとします。
第18条(規約の変更)
当社は、当社所定の方法により事前に利用者に対して変更内容を告知することで、本規約を変更することができるものとします。また、当該告知後、利用者がチャージ、majicaサービスを利用した商品等の購入又はサービスの受領、majicaマネー残高の照会をした場合には、当社は、利用者が当該変更内容を承諾したものとみなします。当該告知がなされた後、利用者に異議がなく1ヶ月が経過した場合も、当社は利用者が当該変更内容を承諾したものとみなします。
第19条(majicaサービスの終了)
当社は、次のいずれかの場合には、利用者に対し事前に当社所定の方法で通知することにより、majicaサービスを全面的に終了することができるものとします。
  • (1) 社会情勢の変化。
  • (2) 法令の改廃。
  • (3) その他当社のやむを得ない事情による場合。
2 前項の場合、法令に基づき、利用者は当社の定める方法により、majicaマネー残高に相当する現金の払戻しを当社に求めることができるものとします。但し、当社が前項の通知を行ってから2年経過した場合には、利用者は、当該払戻請求権を放棄したものとみなされることを異議なく承諾するものとします。また、majicaの番号が判明しない場合又は当該majicaのmajicaマネー残高が判明しない場合には、当社は払戻しの義務を負わないものとします。
第20条(制限責任)
第8条に定める理由及びその他の理由により、利用者がmajicaサービスを利用することができないことで当該利用者に生じた損害等について、当社はその責任を負わないものとします。但し、当該不利益又は損害が当社の故意又は重過失による場合を除きますが、この場合でも、逸失利益については、当社はいかなる場合も損害賠償の責任を負わないものとします。
第21条(免責)
当社は、majicaをドン・キホーテグループ各店で利用しようとする利用者が、当該majicaの保有者であるとみなすこととし、当該majicaの保有者が正当な権利を有するか否かを確認する必要はないものとします。
第22条(通知の到達)
当社が、利用者に対して通知を行うにあたり、郵便、電子メール等の方法による場合には、当社は利用者から届けられた住所又は電子メールアドレスに宛てに通知を発送すれば足りるものとし、当該通知の到達が遅延し、又は到達しなかったとしても、通常到達するであろうときに到達したものとみなします。
第23条(業務委託)
当社は、本規約に基づくmajicaサービス運営管理業務について、当該業務の一部を第三者に委託することができるものとします。
第24条(合意管轄裁判所及び準拠法)
利用者は、本規約に基づく取引に関して、当社との間に紛争が生じた場合には、当社の本社の所在地を管轄する簡易裁判所又は地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることを異議なく承諾するものとします。
2 本規約の成立・効力・履行及び解釈については、日本国法が適用されるものとします。
附 則
本規約は、2014年3月18日から施行します。
本規約改訂版は、2017年2月1日から適用とします。
【majicaコールセンター】
majicaに関するご質問又はご相談は、下記のmajicaコールセンター電話番号までお願いします。
・majicaコールセンター電話番号
 0570-200-867(平日10:00~22:00)

majicaポイント規約

第1条(本規約の目的)
本規約は、majicaの利用者に対する付帯サービスとして提供される、利用者がmajicaマネーを利用すること等により、当社の管理するポイントである「majicaポイント」(以下、「ポイント」といいます。)を付与され、付与されたポイントを本規約の定めに従って利用することができるサービス(以下、「ポイントサービス」といいます。)について定めることを目的とします。 2 ポイントサービス以外の事項に関しては、当社又はドン・キホーテグループ各社が別途定める規約に従うものとします。
第2条(ポイントサービスの提供)
当社は、本規約に定めるところによりポイントサービスを提供します。
第3条(ポイント付与の方法)
利用者が、majicaサービスを利用し、ドン・キホーテグループ各店でmajicaマネーをチャージした場合にポイントが付与され、チャージを行なったmajicaを介して、所定のサーバーに記録されるものとします。
2 前項に拘わらず、当社、ドン・キホーテグループ各社又はドン・キホーテグループ各店が実施するキャンペーン等により、利用者がmajicaサービスを利用した場合にポイントが付与され、majicaを介して、所定のサーバーに記録される場合があります。その場合の、ポイント付与率や対象商品・サービス・付与日等のポイント付与方法は、当社、ドン・キホーテグループ各社又はドン・キホーテグループ各店が都度定めるものであり、実施するキャンペーン等により異なります。
3 当社またはドン・キホーテグループ各店は、前2項に定める場合のほか、一定の条件を定め、その条件を満たした利用者に対してポイントを付与することがあります。
第4条(ポイントの利用)
利用者は、付与されたポイントを1ポイントあたり1円として、日本国内のドン・キホーテグループ各店で商品等の購入の際に利用することができます。
第5条(お買上商品返品時のポイント)
ドン・キホーテグループ各店においてmajicaサービスを利用してお買上いただいた商品を、利用者のご都合その他事由で返品される場合は、レシートとともにmajicaを提示し、当該返品商品のお買上時に第3条第3項の定めにより付与されたポイントがあるときは、そのポイント数をポイント残高から差し引きます。
2 前項に従い、ポイント残高がマイナスとなった場合、またはポイント残高から当該ポイント数を差し引くことができない場合、利用者は、ドン・キホーテグループ各店に対して現金にてマイナス金額をご精算いただきます。
第6条(majica再発行時のポイント)
利用者がmajicaを破損又は喪失し、majicaマネー規約第10条及び第11条に基づき破損又は喪失したカードの残高を新たなカードへ承継した場合には、当社所定の方法により確認されたポイントが新たなカードに引き継がれるものとします。なお、使用停止措置が完了する前に第三者にポイント残高を使用された場合など、当社所定の方法により確認ができなかったポイントについては、当社およびドン・キホーテグループ各店は一切の責任を負いません。
第7条(ポイントの有効期限)
ポイント残高の有効期限は、Club Donpenモバイルにて照会することができるものとします(但し、majicaマネー規約に定めるCDM会員連携利用者に限ります。)。
2 ポイント残高は、最後にポイントが付与された日から1年を経過した日をもって、自動的に喪失するものとします。
3 前2項に定める場合のほか、当社が行うキャンペーン等の施策により、御利用できる期間が限定されたポイント(以下、「期間限定ポイント」といいます。)を付与する場合があります。この期間限定ポイントの残高は、キャンペーンチラシ等で当社の指定する期間が過ぎると自動的に喪失するものとします。
第8条(ポイントの付与ができない場合)
次の場合、majicaポイントの付与はできません。
  • (1) majicaが破損しているとき
  • (2) majicaのシステム保守管理等のためにシステムの全部または一部を休止しているとき
  • (3) 停電、システム障害その他やむをえない事由があるとき
  • (4) 利用者が、本ポイント規約又はmajica利用規約に違反し、又は違反するおそれがあるとき
2 前項に基づきmajicaポイントの付与ができないことにより利用者に損害等が生じた場合であっても、当社は、その責任を負いません。
第9条(majicaポイント残高の確認等)
majicaポイントの残高は、majicaを利用した場合にドン・キホーテグループ各店が交付するレシート等当社所定の方法によりご確認いただくことができます。
第10条(majicaポイントの統合)
利用者がmajicaを複数枚お持ちの場合、各majicaのmajicaポイント残高を1枚のmajicaに統合することはできません。
第11条(譲渡等の禁止)
利用者は、majicaポイントについて、他人に貸与し、譲渡し、又は質入れ等の担保に供することはできません。
第12条(換金等の禁止)
majicaポイントは、現金との引換え及びmajicaマネーへの交換はできません。
第13条(制限責任)
当社は、majicaポイントに関して利用者に生じた損害等について、責任を負いません。
2 ポイントの取得、保有、利用又は交換等に伴い、公租公課その他の費用が発生する場合には、利用者にこれを負担していただきます。
第14条(majicaポイントサービスの終了)
当社は、天災地変、社会情勢の変化、法令の改廃、その他技術上又は営業上の判断等により、majicaポイントにかかるサービスを終了させることがあります。
2 前項の場合、当社は、当社所定の方法により、majicaポイントにかかるサービスを終了させることについて周知の措置をとります。
第15条(本規約等の改廃)
本規約またはその他の規約を含むポイントサービスの内容を変更する場合は、利用者に変更事項を通知もしくは告知することによって行います。なお、利用者は本規約の変更があった場合、変更後の規約に従うことを予め承諾するものとします。
第16条(ポイントサービスに関するご案内)
ポイントサービスに関する事項は、ポイントサービスに関するホームページ、ドン・キホーテグループ各店における掲示等の方法でご案内しているものもありますので、本ポイント規約とあわせてご参照ください。
附 則
本規約は、2014年5月1日から適用とします。

ランク特典サービス特約

第1条(本特約の目的)
本特約は、利用者に対するmajicaの付帯サービスとして提供される、利用者がmajicaサービスを利用又はmajicaを提示することにより蓄積した累計購入金額に応じて、当社が提供する特典サービス(以下「ランク特典サービス」といいます。)について定めることを目的とします。
2 本特約で定める事項以外に関しては、当社又はドン・キホーテグループ各社が別途定める規約に従うものとします。
第2条(ランク特典サービス)
ランク特典サービスの内容は、以下のとおりです。
(1) ランク特典サービスの各ランクは当社所定の方法により適用し、ランクに応じた特典が適用されます。
(2) ランク特典サービスに関する情報は、当社所定の方法により確認できます。
第3条(基準期間)
利用者が最初にmajicaを利用し、累計購入金額の蓄積が開始した日を起算日として以後1年毎の期間をランク特典サービスにおける基準期間といたします。
第4条(ランク適用)
ランクは、基準期間の間に蓄積する基準期間累計購入金額をもとに随時算出されます。
2 基準期間累計購入金額から算出したランクは、翌基準期間開始日の5日後に適用されるものとし、同基準期間終了日まで適用されるものとします。但し、基準期間累計購入金額から算出したランクが、現時点のランクより高くなった場合は、翌基準期間開始前でも当該ランクが適用開始され、翌基準期間終了日まで適用されるものとします。
第5条(特約の変更)
利用者は、当社が本特約の内容を予告なく変更、改定すること、及び予告なくランク特典サービスを廃止することがあることを予め承諾するものとします。なお、会員は本特約に変更があった場合、改定後の特約に従うことを予め承諾するものとします。
附 則
本規約は、2014年5月1日から適用とします