ドンキマガジン

ドンペン画像

チラシ職人


みなさんは、店頭に入荷する新商品や季節のものをどのようにチェックしていますか。
ドン・キホーテではTwitterで全国共通のニュースを配信するほか、店舗がそれぞれもつLINE@のアカウントでその店のおトクな情報を公開しています。

SNSなどネットを中心とした情報配信のように思えますが、実は新聞に折り込む「チラシ」も活躍しているのです! ネットの時代にアナログな紙のチラシは、果たして有効なのでしょうか。チラシをつくる人々に話を聞いてきました!

「私が答えます」

「私が答えます」

紙もWEB版もあるドンキのチラシ。なぜこんなに多いの?

――そもそもなぜチラシをつくっているのでしょうか?

「できるだけ多くのお客様に“ドンキらしく”おトクな情報をお伝えするため!」

「ドン・キホーテは日本全国に展開しているため、様々なライフスタイルのお客様と日々接しています。ネットが主流の時代になったとはいえ、中にはスマホやタブレット、パソコンを扱いづらい人もいらっしゃいます。そのようなお客様に新商品やおトクな情報をお届けするには、各家庭のポストに新聞と一緒に届けられる紙のチラシが有効なのです」

――紙で配布する以外にも、ドン・キホーテのホームページで公開しているのでしょうか。

「スマホユーザーの方にいち早くおトクな情報をお伝えするため!」

ドンキらしいチラシを手軽に見ることができるようにWEBでも公開しています。

「読者がいるとはいえ、年々、新聞購読率は下がっています。チラシが入らない世代のお客様に対しても、ドンキらしいチラシを手軽に見ることができるようにWEBでも公開しています。
いまや子どもからご年配の方までスマホを操作しているので、各店舗のLINEお友達になると、チラシ折り込み日の前日夕方~チラシ情報を先取りして見られるようにもなっています」

――お客様によって、情報を伝える手段を変えているのですね。

「多くのお客様の関心に引っかかってもらえるようにアプローチを変えています」

「特にスマホ画面は小さく、“見やすさ”を重視しているため、すっきり情報がまとめられていて、ドン・キホーテのカラーともいえる“ごちゃごちゃの中から見つける楽しさ”をなかなか表現できません。そのため、チラシはドンキらしさを表現できる広告媒体ともいえるかもしれません」

チラシはドンキらしさを表現できる広告媒体ともいえるかもしれません

チラシのデザインが店舗によって違うのはなぜ?

――WEBでは全国のチラシが公開されていますが、まさか店舗によってデザインが違うのですか。

「地域によって違います!」

「地域によって違います!」

「同じ日本でも、季節の気温変化は北海道と沖縄では違います。そのため関東では売れない商品が関西では売れるなど、その逆もまた然りです。そのため東北、関東、関西など地域・商圏に見合った商品をチラシに掲載しています。各地域に根差した制作会社様にチラシを制作してもらっているため、各会社様によってデザインや構成やスタイルが異なるのです」

――どのようなスケジュールでつくっているのでしょうか?

「各エリアで月2回、2か月前からつくっています!」

「各エリアで月2回、2か月前からつくっています!」

「チラシは月2回配布していますが、制作はその2か月前から始まっています。MD開発本部が52週に落とし込んで練りあげた一年の商品企画に沿って、エリアごとに設置されたセールスプロモーション企画室が、チラシに掲載する商品を選定。そしてチラシの体裁とキャッチコピーを決めて、制作会社に送ります。

制作会社はそこからラフデザインを起こして、何度かコピーなどの修正を入れて、配布の1週間前に入稿、完成となります。もちろん、その間に商品の廃盤が急きょ決まったり、思った通りに色が出なかったりトラブルが出てくるので、2カ月間はバタバタとしていますね!」

――各地域で特色などはありますか?

「そうですね……たとえば大阪は“価格訴求”、“品数”は多めに!が基本ですね(笑)逆に北海道の地域では掲載点数を制限して、ほかの地域よりも冬が早く来るので季節品を早めに展開しています。関東は商品をやみくもに並べるのではなく、春だったら“入学・入社”などのテーマに基づいて、ストーリー性のある紙面を意識しています」

各地域で特色があります

「いずれにしても、ドン・キホーテの魅力は商品数・種類が多岐に渡ることです!店舗のごちゃごちゃ感をチラシでわかりやすく表現できるよう、1紙面の中にも様々な種類の企画を盛り込んでいます。とにかく1秒でもお客様に長くチラシを見てもらえるようにドキドキ、ワクワク感を前面に出して企画を組み立てているのです」

チラシの掲載商品は、売り場の一等地に陳列されていることが多いとのこと!チラシで見つけたおトクな商品を、さらにおトクに購入してみませんか?

majiga

「majica」はドン・キホーテグループ店で利用できる電子マネーのこと。カードに1,000円チャージするごとに1ポイント=1円で使えるmajicaポイントが貯まるのでまとめ買いをするときこそ、おトクになるチャンスなのです。

さらにスマホアプリ「majica」に登録すれば、日常品など普段の買い物に使える割引クーポンもゲット!大きな買い物も、普段の買い物もドン・キホーテのmajicaでオトクに楽しんでくださいね!

SNS連携 バックナンバー

  1. No.22アツい想いを込めておトクを届けるドン・キホーテの【声掛け職人】
  2. No.21こんなときドン・キホーテだったら…!!便利だけじゃない、ピンチを救う総合量販店
  3. No.20渋谷を食らいつくせ!持ち前の感性でヒットを生み出す名物バイヤーが登場
  4. No.19動画の時代!シュールな面白系からお役立ち系までドン・キホーテの動画がアツい
  5. No.18知らなきゃ損!majicaポイント還元キャンペーンでもっとおトクな買い物を!
  6. No.17うちのお猫様に新しいオモチャをあげたら体当たりでレビューしてくれた
  7. No.16majicaをマジカドンペンカードに切り替えれば簡単にマジか!なおトクが広がる?!
  8. No.15店舗でも家でもできる!majicaポイントの貯め方って知ってる?
  9. No.14もっとトクしたい……そう考える人が変えるべき7つのマジカな習慣
  10. No.13雑貨からキャリーケースまで旅行グッズはドンキでまとめ買いがおトク
  11. No.12ドンキ店内に溢れるPOPをつくり続ける「POP職人」に話を聞いてみた
  12. No.11知ってた?ドン・キホーテのmajicaランク制度サービスが便利すぎてやばい
  13. No.10チラシ職人
  14. No.09商品の旬を活かす!ドン・キホーテのオリジナル陳列術へのこだわりとは
  15. No.08ドン・キホーテ流買い物術を実践!majica&割引クーポンで給料日前の食糧難を救え!
  16. No.07買い忘れてない?2018年ドンキで1万点以上売れた神コスメ
  17. No.06年末年始に!お金も手間もかけない大人も子ども楽しめるお菓子9選
  18. No.05大掃除の季節がやってきた!今年の風呂掃除には【激落ちくん】カビシリーズがいいらしい?!
  19. No.04【独占インタビュー】可愛いけどクール?!ドン・キホーテのキャラクター ドンペンを直撃
  20. No.03ウツボに焼き芋、1円玉の箱など!ナゾ多きドン・キホーテを徹底調査!
  21. No.02平成最後の買い物革命。おトクすぎるドン・キホーテのmajicaって知ってる?
  22. No.01今年のハロウィンどうする?ドンキ人気No.1の衣装で注目を集めよう